Getchu.com アダルトTOP

トップページ << 戻る
年齢認証 << 戻る
ろけっとぱっど
美少女ゲームレビュー>18禁


[詳細]マークのレビューでは詳細クリックで詳細レビューへジャンプ。 ゲームリストは五十音順、シリーズものはその中で発売順。 表記は「タイトル / ブランド」。

[]  []  []  []  []  []  []  []  []  []  [全件表示]
[あ] あおぞらマジカ!! / Studio e.go!
AQUA BLUE / 戯画
朝凪のアクアノーツ / Fizz
明日はきっと、晴れますように-She said so, and prayed to cloudy skies.- / HUG
アメサラサ〜雨と、不思議な君に、恋をする〜 / CUFFS
Areas〜空に映すキミとのセカイ〜 / Lapis lazuli
[い] いちご打 / Witch → [み]【Milkywayシリーズ】 / Witch
妹に!スク水着せたら脱がさないっ! / はむはむソフト
[う] Wing & Wind / Clear
【Windシリーズ】 / minori
Wind-a breath of heart-[詳細]
Wind-a breath of heart- Re:gratitude
[え] 【ef-a fairy tale of the two.シリーズ】 / minori
ef-First Fan Disc
【エルフオールスターズ脱衣雀シリーズ】 / elf
エルフオールスターズ脱衣雀
エルフオールスターズ脱衣雀2
エルフオールスターズ脱衣雀3
Angel Egg / You & I
ANGEL TYPE / minori feat. Aeris
[お] おいしい魔法のとなえかた。 / C:drive.
オーガストファンBOX / オーガスト
幼なじみはベッドヤクザ! / 脳内彼女
おしえて!ブルマ先生 / BLACK PACKAGE
おしえて!唯子先生 【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!! / SQUEEZ → [み]【瑞本つかさ先生の【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!シリーズ】 / SQUEEZ
お嬢様をいいなりにするゲーム / アリスソフト
お願いお星さま / PULLTOP
おまたせ!雀バラや♪ / おれんじぺこ


プラットフォーム 作品タイトル カテゴリー・属性 メーカー・ブランド 発売日 満足度
主題歌 主題歌満足度
紹介・コメント

Windows
18禁
あおぞらマジカ!!
コメディ シューティング ほのぼの 魔法
Angel Note


Studio e.go!
バナー
2006/12/22 ★★★★★
カッコよくなくちゃ!(中山♥マミ) ★★★★
サンプルCG
(C)2006 Studio e.go!

サンプルCG
(C)2006 Studio e.go!

サンプルCG
(C)2006 Studio e.go!

ゲーム概要・シナリオ:
連合軍の研究施設から脱走して空賊団の隠れ里に滞留しているミツハ。彼は研究施設へ来る以前の記憶を失っているが、何も使わずに空を飛ぶという不思議な力を持っている。 もっともそれが研究施設へ連れ込まれ、研究対象とされる原因となったのだが……。 そんなとき、帝国軍と連合軍の諍いに巻き込まれて捕らえられてしまった空賊団、彼等の救助のために空賊団の娘アレットが拙い操縦の飛空挺で出撃!  困っている者を放っておくことのできないミツハは彼女を追いかけ、空賊団を救出するために出発!
その頃、また別のところではこんなことが起きていた。大魔女ファナの孫娘ティリナが魔女への昇格試験として、「この世界の神秘(魔女自体も含まれる)を封じ、世間の目から隠す」という試練を与えられていた。 しかし性格柄、隠密行動が苦手なティリナはどうしても事を穏便に片付けられない。派手な魔法対戦が始まる予感。こちらも試練突破のために空へ出発!
キャラクター属性:
魔法使い、精霊、女王(帝)様。
主題歌:
  • カッコよくなくちゃ!
    中山♥マミの歌う主題歌。う〜ん、楽しい感じというか、ノリがいいというか。
システム:
  • 主人公が2人(ミツハとティリナ)がいて、シナリオを選ぶことができる。ゲーム開始前にキャラクターを選ぶとそれぞれ個別のシナリオが展開される。
  • ノベルパートとシューティングパートを交互に繰り返す。飽きが来なくて良い。
  • カスタマイズはいろいろできるが、あまり変更しなくてもプレイには支障ない。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • ちょっと難しいかもしれない。ミツハシナリオでは誰を攻略できてどんなエンディングがあるのか、 ティリナシナリオでは……ということをよく考えつつ各シナリオ中のエピソード(選択肢)をきちんと吟味して選択する必要がある。シューティングパートでも気を抜かないようにしよう。 ミツハシナリオのほうがやや頭を使うかな。
こんな人におすすめ:
コメディ派、ほのぼの派、ファンタジー派。


▼コメント▼
  • 思った以上におもしろかった。 最初はノベルとシューティングの組合せということでどんな作品なのか見当がつかなかったが、シナリオ進行上の会話は コメディタッチで楽しいし、シューティングゲームが好きな人はシューティングパートでも楽しめると思う。根っからのシューティングマニアにはヒットするだろうなぁ。 結構おすすめできる作品だと思う。
  • 殆ど同じ舞台なんだけれども2つのシナリオで微妙に異なる点があるところがなんともいえず不思議な感触。 ティリナシナリオではミツハと、ミツハシナリオではティリナと戦うことになる点なんかはなかなかよく工夫してシナリオ構成をしていると思う。そして、それがまたおもしろい。
  • かなりエピソードがバラバラに散りばめられていて登場人物も多いので、最初は戸惑うかも。舞台の全体像が見えてくるまでがもしかしたらちょっと苦労するかな。
  • 「これからは科学の時代であり、魔法の時代ではない」ということだが、う〜む……なかなか難しいところですねぇ。もしも今現在の地球で魔法文明が発達していたら……?  とついつい考えてしまう。おそらくどちらにしても一長一短なんだろうな。
  • シューティングパートでキャラクターが画面いっぱいに展開されると、自分の居場所が見えづらくなるので注意。
  • ウィンドウを非アクティブにしてもキーボード操作が効いていることがあるので、メモを取りながらプレイする人は注意しよう。気がつかないうちにシナリオが進んでしまうよっ。

Windows
18禁
AQUA BLUE
制服 凌辱





戯画
バナー
2002/12/20 ★★☆☆☆
げっちゅきっちゅSummer(佐藤裕美) ★★★☆☆
サンプルCG
(C)2002 GIGA

サンプルCG
(C)2002 GIGA

ゲーム概要・シナリオ:
毎年賞金を賭けて繰り広げられるバトル「AQUA BLUE」の参加者は高校生。その勝ち残り組み6人の決戦という設定でゲームスタート。 バトルの内容は宝探しだったり、ボールキャッチだったり、ゲーセンだったり、バラエティ企画の番組という感じ。全員制服でゲームに参加するのがポイント。そして1回でもゲームで負けた子には様々な罰ゲームが。 主題歌のとおり「制服着たら戦闘準備完了」ってわけで、さて、勝つのは誰だ?
キャラクター属性:
女子高生(こだわりなのか、ブレザー系・セーラー系という分類までされている)。
主題歌:
  • げっちゅきっちゅSummer
    佐藤裕美の元気ソング。この人はこういう伸びやかな歌がうまいな〜。
システム:
  • 簡素。たぶんゲーム的にそんなに必要ないからではないかと。
プレイ時間:
短い。6人を8時間以内程度で十分攻略可能だと思う。あまり意図的にセーブとか考えてプレイする必要はないでしょう。
攻略:
  • 攻略難易度は低い。ただ、分岐の判定条件が独特なのでこれは考えても無理かも……。それに勝つだけではCGが集まらない。試行錯誤あるのみ。それでも攻略時間は短い。
こんな人におすすめ:
凌辱派、制服派、ライトシナリオ派、色ものゲームネタ派、佐藤裕美派、短時間プレイ派。


▼コメント▼
  • ゲームに負けただけで凌辱までいってしまうという、難しいこと抜きの、やるゲー。シナリオというシナリオがないから、むしろこのゲームは設定に注目すべきだと思う。 いろいろな制服を着て非常識なゲームに臨む女子高生とか、(もちろん制服のままで)罰ゲームにされるだとか、そんな設定に惹かれた人は「買い」かもしれない。

Windows
18禁
朝凪のアクアノーツ
田舎 学園 コメディ 純愛
シリアス スクール水着 双子 和風
Elements Garden


Fizz
バナー
2008/04/25 ★★★★
Aqua Voice(榊原ゆい)/Blue eyes(榊原ゆい) ★★★★
サンプルCG
(C)2007-2008 Fizz

サンプルCG
(C)2007-2008 Fizz

サンプルCG
(C)2007-2008 Fizz

サンプルCG
(C)2007-2008 Fizz

ゲーム概要・シナリオ:
通称「アクアノ」。
ある日突然転校してきてクラスメイトになった朝凪深緒。ちょっと変わり者の性格で浮いていた彼女から放課後に何故か呼び出されていた慧本亜樹。 どうやら彼は彼女の秘密を見てしまったらしいのだがその秘密とは……なんと、朝凪深緒は人魚であるということ。 地元白浜や亜樹の家でもある海神神社(わたつみじんじゃ)にも人魚伝説は色濃く残っているのだが、どうやら彼女はそれに深く関係していそうだった。 そんなこんなの事情から朝凪深緒の傍で過ごす機会の多くなった亜樹だったが、人魚伝説の絡んだ慌しい日々はクラスメイトや家族、そして白浜の多くの住人までをも巻き込んだちょっとした騒動になってゆく。 初夏から初秋までの田舎町を舞台に綴られる日常と伝説とが交錯する物語。果たして人魚伝説とは? 人魚は過去にも実在していたのか? そして亜樹を取り巻くひと夏の行方はどうなるのか……!?
キャラクター属性:
姉、双子、同級生、下級生、母親、人魚。
主題歌:
  • Aqua Voice
    榊原ゆいの歌う清涼系ソング。快活で爽やかな歌である。
  • Blue eyes
    榊原ゆいの歌うエンディング主題歌。こちらはゆったりとしたバラード系。
システム:
  • 選択肢による分岐。難しい選択肢はないが、時々集中して配置されていることやシナリオに影響のないものも多数存在する。
  • カスタマイズはごく普通にできる。体験版では音量が小さいという問題が発覚していたが、製品では改善されている。 それでもキャラクターの性格上、かなかの声量は小さいので、かなかシナリオでは少し音量を上げたほうが聞きやすいかもしれない。
プレイ時間:
35時間程度。
攻略:
  • それほど難しくはない。目的のキャラクターを定めればおそらく自然にそのシナリオに入れると思う。個別シナリオへ入ってからはあまり選択肢に神経質になる必要はない。
  • 最初は全てのキャラクターに対して好意的な選択肢を選び、次回は攻略したキャラクターに対する好意的な選択肢を敢えて避ける……というように進めていけば、 自然に全キャラクターのシナリオの読破と選択肢網羅が完了すると思う。
こんな人におすすめ:
純愛派、学園モノ派、田舎ゲーム派。


▼コメント▼
  • 爽やかにコミカルにシリアスに、しかしどこか少しもの哀しく。作品の雰囲気をひとことで表せばこうなるかな。 そして以前の作品に比べてシナリオは長くなったと思うが読んでいてもそんなに飽きることはない。シナリオという点ではひと回り成長した同ブランドの出世作に値するのではないだろうか。 各キャラクターに纏わるエピソードと時間の経過、舞台背景と状況の描写、伏線とその解明等々、随分とわかりやすくなったと思う。
  • 亜樹と深緒の周囲で徐々に明らかになってゆく白浜の人魚伝説。キーワードは「歴史は繰り返す」。 このキーワードは特に作品本編に登場するものではないが、深緒の先代や先々代のセイレン(人魚)のことが明らかになるたびに彼女たちも深緒と同じ悩みにぶつかっていたことがわかってくる。 陸に上がったセイレンはその魅力にとらわれて、海へは戻らない運命を辿ることが多いようだ。 さて、海中王国「アクア・マリナ」の女王候補こと深緒はどういう選択をするのだろうか……。その結末や明らかにされる人魚伝説の内容は進むシナリオによって変わってくる。
  • 深緒シナリオの最後の展開がゴダイゴの名曲「ガンダーラ」のように思えた。帰ってきたものはいない……幻だったのか……。 いや、「ガンダーラ」は辿り着いた者はいないんだったか?  でもこれ、作品の中枢概念なんだろうな。陸へ上がったセイレンがどうするのか、それはまさにこの作品のシナリオを左右する重要ポイントだもの。
  • 各キャラクターのシナリオのテーマが作品全体や他のキャラクターとのシナリオのテーマに大きく関連することは殆どなくそれぞれ独立してはいるが、 全シナリオを読まないと舞台背景(主にセイレンについて)に未解明な点が残ってしまう。
  • 友里子シナリオはかなり重いテーマを取り扱っている。さすが、オープニングムービーでも深緒の次に紹介されるだけのことはある。双子の恋愛か……。 実際にこのようなことがあるかどうかは別としても、それなりに力を注いで書いたシナリオだという感じは受けた。 それにしても最近の作品は近親相姦が平気で描かれているように思えるのは気のせい……ではないよね。いいのだろうか。この風潮、なんだか気になるなぁ。 あと、双子は間違っても零親等ではないので(苦笑)。親子は一親等、姉弟は二親等。双子だって双子の「姉弟」なんだから二親等。一緒に生まれたからといってもそれは変わらない。零親等って存在しませんから。
  • 予約特典として女の子の水着を全てスクール水着に変える「スク水ディスク-School Swimsuit Disc-」がある。前作の「ニーソディスク(-Knee Socks Disc-)」の流れを汲むものだ。 このあたりは好みに合わせて使おう。
  • この作品の性的興味の描写のポイントは「濡れ透け」、衣服が水に濡れて透けるというシチュエーション。 半脱ぎとはまた異なった趣であるし、その意味ではスク水ディスクはコンセプトからやや外れるのでは? でもなかなかおもしろいところに目をつけて作品化していると思う。個人的には高評価。
  • 一般的な伝説でもセイレン(人魚)は魅惑的な歌を歌うことで有名だが、この作品においてもセイレンと歌とは切り離せない関係として描かれている。 深緒がコーラス部に入っていたり、実際に夜の海で歌っていたり……。 そしてセイレンのキャラクターの名前にも音楽に関する言葉が見え隠れしている。 例えば先代女王の「セレナ」が名乗っていた「朝凪小夜」。これは「セレナーデ(小夜曲)」を縮めて「セレナ(小夜)」としたものだと考えて間違いない。 でもフォリアとミオについてはいまいち由来が曖昧だったりするんだが。
  • コーラス部で行われる突発コンサート。それ自体はいいんだが、合唱にマイクは邪道でしょ。放映や公演でもない限り、合唱は自分の声だけで勝負するものだと思う。 放映や公演でマイクを使うのも拡声のためというよりは録音のためという意味合いが強いのではないか。
  • メリーことメリエル・リビングストンはサブキャラクターであるにも拘らずそれなりに出番は確保され、優遇されていた。人気があったからかな。そんな自分も好きなキャラクターは友里子かメリーか……。 この作品はキャラクター性が非常によく作られているので「一番」を選ぶのは難しいかも。ゲームをプレイしているかなかは気に入った。彼女の別の一面を垣間見たようでおもしろかった。あのシーンはイケている。

Windows
18禁
明日はきっと、晴れますように
-She said so, and prayed to cloudy skies.-
田舎 学園 純愛 切ない
ドラマティック ハートウォーミング

HUG
バナー
2009/07/31 ★★☆☆☆
笹に願いを(茶太)/あなたに 逢えて(茶太) ★★★★
サンプルCG
(C)2009 HUG

サンプルCG
(C)2009 HUG

サンプルCG
(C)2009 HUG

サンプルCG
(C)2009 HUG

ゲーム概要・シナリオ:
通称「あすはれ」。ただし、作品の正式名称の読みは「あしたはきっと、はれますように」なので注意。
昔住んでいた町へ帰ってくると、そこは少し発展を遂げていた。町の全てに面影こそあるものの、どこか違っていた。そんな中で今でも変わらず残っている文化――筋違い橋(すじかいばし)の大笹。 白鷺洲(さぎしま)では旧暦の七夕が近付くと筋違い橋に大きな笹の枝を立て、そこに町の人々が思い思いの願いの短冊を掛ける。 それは「その中のたったひとつの願いだけが本当に叶えられる」という伝説に由来しており、程度の差こそあれど町の人たちはその伝説を信じているからというものだ。 崎坂夏彦が白鷺洲へ戻ってきたのは夏のちょうどそんな時期。今年も筋違い橋の大笹にはたくさんの短冊が掛けられているが、その中の1枚を取ろうと一生懸命になっている少女「みう」を見つける。 町の人たちの話によると文字表記の差こそあれ、「みう」という名前の少女は筋違い橋が架けられたことの由来と深い関係があるとのこと。 夏彦はこの神出鬼没な少女「みう」と過ごしているうちに、徐々に謎めいたものを感じ始める……。 「みう」が手にしようとしていた短冊、そこにはどんな願いが書かれているのか。その願いは本当に叶うのか。 筋違い橋の大笹を祝う旧暦七夕の夜を舞台にしたちょっと切ない物語……明日はきっと、晴れますように。
キャラクター属性:
幼なじみ、同級生、下級生、少女。
主題歌:
  • 笹に願いを
    茶太の歌うオープニング主題歌。とても神秘的な雰囲気のある特徴的な歌で、一度聴けば耳に残るという人も多いと思う。 切ない響きのする深い思いの詰まった歌なので歌詞もよく聴いてみよう。2番歌詞にはメロディラインの代わりに囁き或いはモノローグのようなものがあり、 更に印象的で歌詞の内容も心のより深いところを描写している。個人的にはかなり気に入った歌。
  • あなたに 逢えて
    茶太の歌うエンディング主題歌。バラード系だが、幸せなエンディングというよりは寂しさのようなものが前面に押し出された歌。この作品の作風はオープニングからエンディングまで一貫されているようだ。
システム:
  • 選択肢による分岐。選択肢の内容を見れば先の展開がある程度推測できるものが殆どだが、バグがそれを阻害しているような気がする。
  • カスタマイズには少し不便を感じる。そしてとにかく音声音量が小さい。システム音量を最大にしても聞き取れないレベル。 カスタマイズ画面の音声テストでよく聞こえても、ゲームプレイ中の音声音量はそれとは異なるので無意味。でも最大値にしておかないとますます聞こえない。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • 選択肢の数も少なくて内容もわかりやすいので基本的に難しくはないはずなのだが、どうも選択肢とシナリオ分岐の繋がりにバグが内在しているとしか思えないような箇所がある。
    • みうシナリオだと思われる選択肢を選び続けると攸夏シナリオに入ってしまう。攸夏シナリオにはこれとは別に正しいルートと思われる選択肢の流れがきちんと用意されている。
    • 冴奈子シナリオとみうシナリオの選択肢が殆ど重なっていて、分岐条件がどうもはっきりしない。 ゲーム開始後最初の選択肢が少し影響しているような気もするが、詳細は未調査。でもいわゆるフラグ管理が異常なことは想像に難くない。
  • 攻略順序に制限あり。「攸夏/鈴梨/冴奈子 → みう」という流れだと思われる。シナリオの内容としても、みうシナリオは最後にならないと物語が少しおかしくなってしまうからこれは妥当でしょう。
こんな人におすすめ:
純愛派、学園モノ派、ドラマティック派、田舎ゲーム派、悲哀派。


▼コメント▼
  • 作品の絵や音楽からも推測できると思うが、純愛系でいてそして少し切ない物語。 七夕の伝説自体がそんな話でもあるし、またそれをうまく利用して制作者なりに物語を作ってみた結果がこの作品だと思う。
  • 上にも書いたがキャラクターの音声音量が異常なほどに小さいので、これは聞き取れないものだと思い切ってプレイしたほうが良い。 おまけ要素としてBGMモードも用意されているが、これも殆ど聞き取ることができないので全く無意味だと思える。 そして音声のない作品――というか、中途半端に音声の聞こえる作品――のプレイがこれほど疲れるとは思わなかった。 全く音声のない作品であれば自分の頭の中で読み進められるのでそれほど疲れもしないのかもしれないが、 中途半端に聞こえることで自分の読むペースは乱されるし、かといってきちんと聞こえるわけでもないので結局は自分の頭で読まなくてはいけないし……とにかくプレイしにくかった。 あと、メインキャラクターよりもサブキャラクターの音声のほうがやや大きめに聞こえるあたりも謎。
  • 冴奈子の扱いがどうも曖昧。冴奈子シナリオを完全にプレイし終えても、結局彼女の特殊性の原因やこの作品における位置付けがはっきりしない。 このキャラクターは何のために用意されたのだろう? そして、みうシナリオに進めるようになると冴奈子シナリオに微妙に進みにくくなるのでこれもまた厄介。 上手に使えばかなり目立って人気も得られると思うのに、不遇なキャラクターだなぁ。
  • セーブデータの時刻表示がグリニッジ標準時(GMT)になる。このバグはむしろ発生させるほうが難しいのでは? どういう経緯でこんな仕様になってしまったのだろう?  等々、とにかく不具合は多いということを肝に銘じた上で作品を手に取ったほうがいいかも。
  • 絵にはちょっと好みが分かれる要素がありそうだが、そんなに特徴的なほどではない。気になる人は事前に一応確認しよう。
  • 純愛系作品なのでエッチシーンは少なめという常道を貫いている。
  • 鈴梨の私服のワンピースとキュロットを併せたような服が珍しくて、しかもなかなか似合っていて気に入った。これはいい感じだ。
  • お気に入りのキャラクターは鈴梨。私服との相性もいいし性格も強すぎず弱すぎず、よく描けていると思う。絵も好み。

Windows
18禁
アメサラサ〜雨と、不思議な君に、恋をする〜
学園 純愛 切ない ドラマティック
ほのぼの


CUFFS
バナー
2007/04/27 ★★☆☆☆
アマオト(Duca)/七色の空(Duca) ★★☆☆☆
サンプルCG
(C)2007 CUFFS

サンプルCG
(C)2007 CUFFS

サンプルCG
(C)2007 CUFFS

ゲーム概要・シナリオ:
大久保晴市はその名に似合わず類稀なる雨男。少し緊張したり感情が高ぶったりすると何故か雨が降る。 それに彼には幼少の頃好きになった異性に二度と会うことができなくなってからというもの、一度手に入れた人の温もりを失うことが怖くて異性を好きになることを避けている……そんなコンプレックスがある。 そんな彼の前に突然現れた千代川霖と名乗る少女。どうも彼女は彼のことを全く知らないわけではないようだが、晴市のほうは思い出せない。 彼は彼女の力を受けて永遠の雨男から脱皮して、再び異性との温もりを深め合えるようになるのだろうか……?
キャラクター属性:
幼なじみ、同級生、下級生。
主題歌:
  • アマオト
    Ducaの歌うオープニング主題歌。
  • 七色の空
    Ducaの歌うエンディング主題歌。
システム:
  • 特に凝った箇所はない。必要最小限のシンプルさだが、それで十分プレイできる。
プレイ時間:
15時間程度。
攻略:
  • それほど難しくはないが、まずは良さそうな選択肢を選んで良いエンディングを見る。それから少しずつ選択を変えて別のエンディングを見てゆくのが良いかと思われる。キャラクターごとに攻略しよう。
こんな人におすすめ:
純愛派、学園モノ派、ほのぼの派、ドラマティック派、短時間プレイ派。


▼コメント▼
  • テーマは「自分の気持ちに素直になり、それをはっきりと言葉に表して伝える」こと。
  • 止まない雨といい、リストの「愛の夢」といい、コンセプトがMemories Off 2ndに非常に似ている。 そして「霖」は「ながあめ(≒止まない雨?)」とも読む。 でもMemories Off 2ndは異性と付き合い始めた後の話。 この作品は異性と付き合うまでの話。過去の異性の消失によるコンプレックスという点ではMemories Off(1st)によく似ている。
  • 失うときが怖いから手に入れたくないというコンセプトの作品、他にも何かプレイしたような記憶があるような、ないような……?
  • 文章表現が簡潔なので気軽に読める。その分、ややシナリオが急展開かもしれないし、ちょっと読み応えがないかも。
  • 「『願いを叶える雨』の叶える願いはひとつだけ」というわりには、倖の超能力の消去と三本木礼二の復活というふたつの願いが叶えられたような気がするが……。
  • 倖の超能力(?)は風を操る力?
  • 白と水色を基調としており淡く儚い感触が作品全体に漂う。
  • 霖と花香の髪が長すぎるような気がする……。それから霖の月型の髪飾りが印象的、かつ「月」が霖の儚さ・仄かさを髣髴とさせる。
  • 絵にやや立体感が欠けるかも。
  • BGMにワルツが多い。そしてとてもソフト。耳障りになるような曲は一切採用されていない。「13 天気予報は晴れ」が気に入った。 そしてこれもMemories Off 2ndのBGMのひとつである「Rain then clear」と同じ意味であり、なんとなく共通概念を感じさせる。
  • フィールドホッケー……ユニホックという競技を一度だけやったことがあるが、アレみたいなものかな? 陸上でやるアイスホッケーみたいなもの。でも自分がやったときは室内競技だった。

Windows
18禁
Areas〜空に映すキミとのセカイ〜
学園 純愛 シリアス のほほん
ほのぼの fripSide

Lapis lazuli
バナー
2009/03/27 ★★★☆☆
grand blue(NAO)/piece of azure(NAO) ★★★☆☆
サンプルCG
(C)2008-2009 Lapis lazuli

サンプルCG
(C)2008-2009 Lapis lazuli

サンプルCG
(C)2008-2009 Lapis lazuli

サンプルCG
(C)2008-2009 Lapis lazuli

ゲーム概要・シナリオ:
近未来の日本某所。御影悠也と御影このかは大人たちの諸事情により、住居もなく流浪のその日暮らしをしていた。 そしてあるとき悠也は水面下で行われる犯罪行為ともいうべき仕事に手を出してしまう。しかしそれも失敗。 だがその仕事の敵でもあった片岡のぶこによって拾われ、このかと一緒に「アリアス」と呼ばれる孤島へ招かれることとなる。 悠也たちの元いた「外の世界」とは完全に隔絶された「アリアス」では悠也とこのかは記憶喪失を負った偶然の島への漂流者として振る舞い、 「外の世界」のことを「アリアス」の住人たちに知られないようにすること、「アリアス」内で他の住人たちと一緒に生活して学園へ通い、その概況を随時のぶこに報告すること……等々の秘密裏の役目を受け、 どうにか生活を繋ぎとめることはできた。 「外の世界」とは大きく環境の異なる「アリアス」。最新の科学技術も導入されていないし、流通や常識の概念にだって大差があるが、 でもそのおかげで「外の世界」ではあり得ないほどのゆったりとした生活環境が整えられていることが最大の魅力でもある。 最初のうちは通学が中心だった2人の生活も、徐々に新しくできた友人と深い関係を持つようになり、やがては「外の世界」と「アリアス」の根源的な謎に迫るような一大事件を迎え、みんなと共に立ち向かうこととなる。 「アリアス」は楽園なのか、それとも「外の世界」の陰謀により作り上げられた刹那的世界として終焉を迎えるのか……。
キャラクター属性:
義妹、同級生、上級生、下級生。
主題歌:
  • grand blue
    NAOの歌うオープニング主題歌。爽やかに流れるような歌。タイトルは「アリアス」の広大な青い空のことかな?
  • piece of azure
    NAOの歌うエンディング主題歌。ゆったりと流れる静かな歌。「azure」とは「紺碧」という意味。タイトルは「アリアス」の青(紺)い海と緑(碧)の大地をイメージしているのかな?
システム:
  • インストールしてもプログラムメニューに登録されないので、プレイヤー自身が「REALLIVE.EXE」へのショートカットを作っておくと後々の起動が楽になる。
  • 音声が小さいのは仕様? それとも自分の環境依存の問題?? いずれにしても音声音量が小さいと感じる場合は音声音量を最大にして、BGM音量を下げると少し聴き取りやすくなる。
  • コンフィグは各項目ごとに右クリックでメニューを起動するタイプ。一括設定画面がないのは少し面倒である。
プレイ時間:
25時間程度。
攻略:
  • 二択か三択でシナリオが分岐する。選択肢は多くなく、攻略に於いて難しいと感じる点は全くないと思う。
  • 攻略順序には特に制約はないので好きなキャラクターのシナリオからどうぞ。
こんな人におすすめ:
純愛派、学園モノ派、のほほん派、ほのぼの派、萌えゲー派。


▼コメント▼
  • シナリオを最後まで進めるとよくわかるが、現代日本及び世界に対する辛辣な風刺作品。 社会的構造、根強く残る格差社会、科学技術の功罪、資源の枯渇、これら全てによる副作用……実はかなり重い内容である。 例えば「アリアス」では我々の使用する「お金」の代わりに「チケット」という概念が導入されている。 これは単なるゲーム内の世界観に対する設定ではなく、現代社会への問題提起。 また科学技術が大きく進歩していないからこそ実現可能だと思われるゆったりとした世界観を描いている。いや、実現可能というよりもこれは過去の日本や世界の姿だったのではなかろうか。 今は便利(?)な科学技術世界から離れられない我々に対する風刺と警告。 科学技術は諸刃の剣、我々人間や世界にとって益にも害にもなり得る。最近は害のほうが多いような気もするが……この機会に少し考えてみよう。
  • 作品の冒頭部分がかなり特殊な環境下に生きる悠也とこのかの描写から始まるので少し理解しにくいかもしれないが、 無理をしてまですぐに理解する必要はなく世界観を掴んで後から読み返しても問題はない。ただ、理解しないまま物語の終盤にまで進んでしまうと本当に全体を理解できないまま終わる可能性があるので注意。
  • 日常のエピソードの描写が全体的に薄いというか……いわゆる「尻切れトンボ」の箇所が目立つ。描写を途中で投げ出して次へ進んでいるという感がどうしても否めない。 例えば作品中でもイベントとしての位置付けだと思われる「プール授業」「体育大会」「学園祭」の描写もシナリオによって多少の差はあるが(これらのエピソードはリィズシナリオのためだけに用意された?)、 基本的に短めで味気ない。また、作品の世界観固有の設定も強く活かされずにシナリオが完結してしまっている気がする。 例えば「ランク」。「アリアス」の職人には必ずこの「ランク」が与えられていて登場キャラクターの中にも最高値の「ランク5」を持つ人が何人も出てくるのだが、この設定がシナリオで殆ど活かされていない。 これがこの作品で最も惜しい点かな。
  • サブタイトルを区切るタイミングに強い違和感を感じる。シナリオでのシーンの切り替わりとサブタイトルの区切りにはもう少し同期を取らせても良かったのでは。 まぁ、作品そのものやシナリオに直接的に関わってくる箇所ではないので優先度はそんなに高くはないのだが。
  • BGMと背景の町並みにやや異国風なところが見受けられる。現代社会とは隔絶された世界をイメージしたのだろうか。
  • 純愛系作品ということもあってエッチシーンは少なめなので、念の為。
  • リィズは作品内でかなり優遇されている。「本命」がこのかならば「対抗」はリィズといったところだろうか。 そのリィズシナリオはやや長めなのでもしも理解しにくくなったら「悠也にとってのこのか」=「リィズにとってのせつ子」という関係を念頭において読むとかなりスッキリすると思う。
  • リィズのようなキャラクター(とはいえ、リィズ≒ツンデレ、リィズ≠ツンデレ……似て非なるもの)はシナリオ中のどのタイミングとエピソードでその性格を変化させるか(例:ツン→デレ)が非常に難しい。 これはこのタイプのキャラクターの宿命でもある。残念ながらこの作品中でもほんの少しの強引さというか微妙な違和感を感じた。 もう一度書くが、リィズは「元祖『ツンデレ』」とは異なると思う。単に勝気で真面目でそしてやや不器用な子?
  • 「ウィンク顔の立ち絵」はリィズ特有の絵なのでよく見ておいて損はないと思う。
  • 男子制服のネクタイピンが目に留まった。ネクタイピンまで描かれている制服というのはゲームでは珍しい。現実でもネクタイピンのある学生制服って珍しいような気がする。
  • 唯の私服のリボンが特徴的でとても気に入った。青と赤の混ざった非対称な形で実に不思議なリボン。ネクタイでも同じような結び方をしようと思えばできるかな。 とはいえ、このファッションセンスには少なからず衝撃を受けた。もちろん良い意味で。
  • 「レリジオーソ学園」の命名理由がわからずじまいだった。「レリジオーソ」は音楽用語で「宗教的に」という意味だが、関係があるのだろうか?
  • お気に入りのキャラクターは唯。あのリボン。さっぱりとした日常の振る舞い。彼女のシナリオの本質は違うんだけれどね……。

Windows
18禁
妹に!スク水着せたら脱がさないっ!
妹 学園 コメディ スクール水着
のほほん 半脱ぎ 微乳 ほのぼの
ミニゲーム fripSide

はむはむソフト
バナー
2007/12/21 ★★★★
こんいろ∞トキメキ!!(NAO) ★★★★
サンプルCG
(C)2007 はむはむソフト

サンプルCG
(C)2007 はむはむソフト

サンプルCG
(C)2007 はむはむソフト

サンプルCG
(C)2007 はむはむソフト

ゲーム概要・シナリオ:
通称「妹スク」(いもすく)。
相沢拓斗は無類のスク水好きである。スク水こそが自分の人生とこの世の全てだと信じ込んでいる。スク水の色、素材、構造、そしてなによりスク水を着た女の子をこの上もなく愛している。 エッチをするときだってスク水は脱がしたくない。ある意味ではまさに純粋にスク水が好きなのだ。 そんな彼は古いタイプのスク水……濃紺色の「旧スク」こそが王道だと考えていたが、あるとき最近では一般的である新型のスク水こと「新スク」と現実味は薄いが身体が透けて魅力的な「白スク」に目覚める。 そしてなんと拓斗の妹の萌(もゆ)が自分のためにスク水を着てくれるというではないか! こんな魅惑的な話を断るはずはなく、毎夜のように家で妹のスク水姿の撮影会を始めた。まさに夢のような展開だった。 しかし撮影会の内容はだんだんとエスカレートしてエッチな方向へ……。さらには知り合いの鈴原恵子や間宮すくるまでもを巻き込んで素晴らしきスク水フェチ生活が始まったのだった。
キャラクター属性:
妹、幼なじみ、下級生、(キャラクターではないが)各種スク水。
主題歌:
  • こんいろ∞トキメキ!!
    NAOの歌う元気ソングと電波(デジ)ソングの合わさったような歌。内容はスク水フェチ精神に彩られている。
システム:
  • 通常の選択肢ではなく、好みの子を選ぶ方式の選択肢がメイン。行き先マップ上での選択に似ている。ここで女の子を単独ではなく複数選択できるのが大きな攻略ポイントにもなる(単数でも選択は可能)。
  • メッセージスキップの速度がかなり速い。実用性としては非常に好感触。また、既読イベントを一気に纏めてスキップする機能があるのでこれはこれで使える。
  • エッチシーンを最大10個まで選択して連続で自動進行させて鑑賞できるモードがある(連続再生モード)。
  • システムコンフィグの専用画面を作ってほしかった。ひとつの画面で一括して設定できないのでちょっと不便。
  • CGモードでの鑑賞中や回想シーンから右クリックで脱け出せないのも不便だと思う。特にCG鑑賞はひとつを選択したら差分も含めて全部見ないとCG選択画面に戻れない。差分が多いと疲れる。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • シナリオの進行表が内蔵されているので攻略の参考にできる。イベントはほぼ時系列に並んでいると考えて良いみたいだ。
  • キャラクターごとの単独シナリオを読んでエンディングを迎えるのは難しくないが、 複数のキャラクターが関わってくる特殊イベントを全て見るためには多くのキャラクターとスク水の種類とシナリオの進行具合をうまく扱わないといけない。 だが、多少なりともヒントが現れるのでそれをよく理解してシナリオを進めればある程度は解決するはず。とはいえ、かなり試行錯誤が必要になってくるので果たして20時間で終わるかどうかは微妙だ。 特殊イベントの概要を整理してみた。自分が忘れないためのメモ(苦笑)。
    イベント番号 関連キャラクター 進行表の行番号 キャラクター選択 発生条件
    #01 恵子 #01 恵子(新スク)+一剛 6/25までに選択しておくと6/26に発生
    #02 すくる #05(#04) 7/9までに下記の通りに進めると7/10に発生
    • 萌:新スク#05
    • すくる:新スク#05
    • みちる:#04
    #03 みちる #05 7/9までに下記の通りに進めると7/10に発生
    • 萌:新スク#05
    • すくる or 恵子:旧スク#05 or 新スク#05
    • みちる:#05
    #04 萌+すくる #05 萌(旧スク)+すくる(旧スク)
    #05 すくる+恵子 #05 すくる(旧スク)+恵子(新スク)
    #06 みちる #06 萌(新スク)+みちる 特殊イベント#03を見ていること
    【備考】
    • 萌(新スク)を選択するとみちるが選択可能になる
    • みちるエンド
    #07 萌+恵子 #07 萌(旧スク)+恵子(新スク)
    #08 萌+すくる #08 萌(新スク)+すくる(新スク) 特殊イベント#04を見ていること
    #09 萌+すくる+恵子 #07 萌 or すくる or 恵子 萌とすくると恵子の旧スクシナリオを#07まで進めること
    【備考】萌+すくる+恵子ハーレムエンド
    #10 すくる+恵子 #08 すくる(新スク)+恵子(旧スク) 特殊イベント#05を見ていること
    #11 萌+すくる+恵子+みちる 他の全てのエンディングを見ていること
    【備考】真・ハーレムエンド(萌+すくる+恵子+みちる)
    #12 7/20までどのキャラクターもクリアしないこと
    【備考】バッドエンド
こんな人におすすめ:
妹派、スクール水着派、コメディ派、学園モノ派、のほほん派、ほのぼの派、やるゲー派、微乳派。


▼コメント▼
  • 名は体を表す! 広告(タイトル)に偽りなし! まさにタイトルの通りでどんなシーンでもスク水を脱がさないし(半脱ぎ程度はある)、 他にも水着のサポーターや裏地へのこだわりが文章的にもヴィジュアル的にも非常によく表現されている。実際にスクール水着を入手しての綿密な調査の結果の賜らしい。
  • シナリオの内容はかなり薄い。絵とスク水に対するシチュエーションを楽しむ作品だからこれが正しい形だとは思うが、念の為言及しておく。 逆にエッチシーンはかなり多く、服装の組合せやシチュエーションにもかなり凝っている。
    • スク水+靴下(ハイソックス・ニーソックス)
    • スク水+体操着+ブルマ
    • スク水+セーラー服
    • 白スク(白いスク水)
    • スク水+足コキ
    • スク水+胸揉み(スク水の上から・スク水の中に手を入れて)
    • スク水+四つん這い
    • スク水+まんぐり返し
    • スク水+プールでのエッチ
    紛れもなく特殊な趣向にこだわった「やるゲー」だ。これだけの組合せがあればスク水フェチのプレイヤーをそれなりに満足させることはできるのではなかろうか。 そして最も不自然というか、それ故に逆にプレイヤーに求められている海やプール以外の自室内や校舎内でスク水姿になるというシチュエーションが倒錯的趣向で素晴らしい。 スク水が好きな人は是非手に入れるべし。
  • 体操着とブルマへのこだわりも僅かながら語られているので注目。体操着はブルマの中へ入れるか、外に出すか……永遠のテーマ。 個人的には両方好きなので択一し難いが、敢えて選ぶならば外に出すほうかな。外見的に女の子っぽさを感じるから。 だが体操着とブルマはこの作品のメインテーマではないので、次は是非とも体操着とブルマへのこだわりを詰め込んだ作品を強く希望する。
  • はむはむソフト……処女作品の制作よりもまずはブランドの認知に全力を注ぎ込んでいたという、ある意味で異色なブランド。……結果的には成功したのかな?  作品に関わる活動としては発売前からイベント会場でのスク水シャウト!(大声大会)や オフィシャルサイトでのスク水川柳の募集等、強い個性を見せていた。 キャラクターの人気投票などはありがちだが、こういった企画は稀だと思う。やはり異色なブランド。 作品の制作とともに制作側とユーザーとが一体になって楽しめる、そんなブランドの在り方を第一か第二に追求していると思われる。

Windows
18禁
Wing & Wind
田舎 純愛 切ない




Clear(閉鎖)
バナー
2001/03/16 ★★☆☆☆
Wind Time(佐藤裕美)/羽音(佐藤裕美) ★★☆☆☆
サンプルCG
(C)2000-2001 Clear

サンプルCG
(C)2000-2001 Clear

サンプルCG
(C)2000-2001 Clear

サンプルCG
(C)2000-2001 Clear

ゲーム概要・シナリオ:
3年前。花火大会の前日の夏の夜、土砂崩れにより多くの人々が亡くなった。そのときに両親を亡くした根戸俊介はあの事故以降都心へ出て一人暮らしをしていたが、久しぶりにこの田舎へと帰ってきた。 そこで会うのは昔からよく知っている従妹の若菜、その同級生の梢、幼なじみの霞……そして初めて見る顔でどこかちょっと不思議な紗夜だった。 そして、墓参りのために帰ってきたつもりだった俊介はこの町の不思議な伝承と秘密を知ることになる……。
キャラクター属性:
従妹、幼なじみ、巫女、年上、年下。
主題歌:
  • Wind Time
    佐藤裕美の歌うオープニング主題歌。
  • 羽音
    佐藤裕美の歌うエンディング主題歌。
システム:
  • 音楽のボリュームが小さく、ちょっと聴き取りにくい。
  • 音声はない。
  • 既読/未読判定のテキストの範囲が広すぎる。全く同じテキストでも読んでいない扱いになる箇所が多い。
  • ドライブレターが後ろのほうだとディスクを認識しないので、ドライブレターを変更している人は要注意。
プレイ時間:
15時間程度。
攻略:
  • やや難しい。選択肢を少し間違えるとバッドエンドになりやすいので、同時攻略はせずに1人ずつじっくり攻略しよう。
こんな人におすすめ:
純愛派、田舎ゲーム派、佐藤裕美派。


▼コメント▼
  • シンプルな純愛・田舎ゲーム。CGもキャラクターの表情と上半身を中心に描く素朴な構図が多く、シチュエーション中心の作品ではない。 でもせっかく若菜が陸上をやっているのだから「駆け抜ける瞬間の若菜」あたりの絵があると爽快で良かったかもしれない。
  • 不老不死の体質を持った人(?)の気持ちについて「(周囲の人たちが死んでいって)これから先に一人になってしまうことがこわい」という描写があるが、 それを既に経験した側とこれから経験する側の両方から描いていたのは良かった。経験者は優しく見守ってくれる……のかな。
  • 以下、ゲームより引用の一節。
    > 好きな人、信じられる人を作るといいよ。
    > そして一緒に秘密を守れる人を見つけるようにしたらいいよ。
    > いつも一緒にいられなくてもいいから。
    > でも、何か辛いこと、イヤなことがあったとき、それを話せる相手がいるといいね
    パートナー選びの基本ではあるが、不老不死の件を考慮すると改めてその通りなのかも、と思った。
  • 「寂しいのが嫌いだから歌うのが好き」という記述、いいねぇ。 ひとりきりのときに声を出したり歌ったりするのが苦手な人にとってはダメなんだろうけれど、それが大丈夫な人にとってはひとりきりで歌うというのは……意外と楽しかったりする。
  • まさか「金太の大冒険」ネタが出てくるとは思わなかった(笑)。

※引用記号(>)の付いた文章は作品内からの引用です。 それらの文章の著作権は全てClearにあります。(C)2001 Clear

Windows
18禁
Wind-a breath of heart-[詳細]あり
田舎 学園 純愛 シリアス
ハートウォーミング TWO FIVE

minori
バナー
2002/04/19 ★★★★
Wind(長谷川めぐみ)/Dream(長谷川めぐみ)/TSU・BA・SA(渡邊瑛美) ★★★★
サンプルCG
(C)2002-2004 minori

サンプルCG
(C)2002-2004 minori

サンプルCG
(C)2002-2004 minori

サンプルCG
(C)2002-2004 minori

ゲーム概要・シナリオ:
誰もがちょっと不思議な力を持つ不思議な街、風音市。主人公の丘野真と妹のひなたはかつて暮らしていたその街へ帰ってきた。 編入した風音学園で知り合った勤や霞とともに賑やかな毎日を送っていた真だが、たまたま学園の屋上へ足を運んだときにかつての幼なじみ鳴風みなもの吹くハーモニカの音色によって2人は再会した。 「遠く離れていても想いは届く」……そう思い続けていたみなものハーモニカの音が、その音に乗せたみなもの想いが、みなもの「風を起こす力」によって真に届いた瞬間だった。
真とみなもの周りには喫茶店で働く望とわかばの姉妹、隣の学園の下級生の彩といったたくさんの人たちが集まってくるが、 それと時を同じくしてひなたが病気になったりみなもの父親が危険に遭ったりと周囲に少しずつおかしな事件が起こり始める。 それはどうやら彩とも関係のあることのようであり、かつて亡くなった真の父親やみなもの母親、そして真やみなも本人、さらには風音市という街そのものの持つ不思議な力とも繋がりがあるらしい……。
キャラクター属性:
幼なじみ、義妹、同級生、下級生。
主題歌:
  • Wind
    長谷川めぐみの清涼系ソング。理屈がどうのこうのじゃなくてとにかくいい、と思える。いや、もちろん人によるんだと思いますけど。シナリオの重要ポイントが織り込まれているのでよく聴こう。特に1番歌詞。
  • Dream
    長谷川めぐみの癒し系ソング。シナリオの要所で流れてとても効果がある。個人的には3曲の中では一番好きではないというランキング。でもいい歌なんだけれど。
  • TSU・BA・SA
    渡邊瑛美の歌うED。このゲームのシナリオを通じて主人公やヒロインたちが獲得した強さや決然さを感じさせるような歌。いいと思う。
システム:
  • minoriデビュー作「BITTERSWEET FOOLS」よりも 操作性が良くなった感じ。左右クリック、Enter、スペースキーなんかが考えなくても感覚的に扱えるようになった。いや、これって当たり前のことなのか……?
  • シナリオ上でBGMが変わるところへ来るとそのままBGMが停止して無音になるっていう現象にハマった。環境によってはなるらしい。どうにかして直せるのかもしれないが、どうにも面倒なのでそのままプレイした。 停止したら音声設定でボリュームを再設定してあげるとまたBGMが流れ出す。良いBGMのところではそうしてあげて、他は無音プレイというわけだが……。
  • セーブ箇所が多い。256箇所。絶対に使わない。そんなにセーブしてもどのデータがどんな内容だったか憶えきれない。遠慮なくこまめにセーブできるのは悪いことじゃないけれど。
プレイ時間:
20時間程度。望とわかばとか、シナリオの重複をうまく片付ければ早く終わる。
攻略:
  • 望とわかばは一緒に攻略しましょう。
  • 霞が好きな人は、彼女に気を取られ過ぎないように!
こんな人におすすめ:
学園モノ派、シリアス派、田舎ゲーム派、シナリオ重視派。


▼コメント▼
  • ファンタスティックにのほほんチックに始まった感じだったけど、進むにつれて結構シリアスになってきたなぁ。 たしかにシナリオの中枢に謎の力とかが存在していたらそれを説明&解決しなくちゃいけないし、そんなものがそう簡単に片付くわけはないからどうしてもシリアスな展開になるのかな。でも時々ちょっと怖かった。
  • 簡潔に纏めると「人の想いは夢を叶える力になる」っていうこと? う〜ん、簡潔に纏めすぎか? 細かいことは各キャラクターのレビューのほうで書くとして、ここはこれでいいや。
  • minoriらしく世の中の綺麗事を撥ね退けて陰の部分を如実に描くのは非常に好感。 辛辣でしびれる台詞がいっぱいあっていいね。それが好きじゃなくちゃminoriの作品はプレイできないんだろうけど。
  • BGMがなかなかいい。落ち着いたのもアクティブなのも。
  • 真は調理実習で右手を怪我していた(包丁で切った)……真って左利きなんだね。
  • 名前の読みがみんな3文字なんだよね(↓)。
    「まこと」「みなも」「ひなた」「のぞみ」「わかば」「ひかり」「つとむ」「かすみ」
    これって意図的なのかな?
    ついでに、
    「しんご」「ゆうか」「ことは」「あきひと」
    秋人だけが4文字だ。あとはみんな3文字だよね。詳細

※当作品のレビューのサンプルCGは当サイトの管理人の自己責任によって転載しております(メーカー様確認済)。

Windows
18禁
Wind-a breath of heart- Re:gratitude
田舎 学園 純愛 シリアス
ハートウォーミング Fan Disk TWO FIVE
minori
バナー
2004/11/05 ★★★★
Wind(長谷川めぐみ)/Dream(長谷川めぐみ)/TSU・BA・SA(渡邊瑛美) ★★★★
サンプルCG
(C)2002-2004 minori

サンプルCG
(C)2002-2004 minori

ゲーム概要・シナリオ:
Wind-a breath of heart-」とそのファンディスク「そよかぜのおくりもの」がひとつになったパッケージ。
  • Wind-a breath of heart-
  • そよかぜのおくりもの(ミニシナリオと壁紙コレクション)
  • サウンドトラックCD
(ここから下は「そよかぜのおくりもの」部分についてだけ書きます。Wind-a breath of heart-のレビューはしません。)
キャラクター属性:
Wind-a breath of heart-と同じ。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • Re:gratitudeになって、基盤となるシステムが新しくなり、操作面でははるのあしおとと同じになった。
プレイ時間:
3時間程度。
攻略:
  • 問題なし。
こんな人におすすめ:
学園モノ派、田舎ゲーム派、短時間プレイ派。


▼コメント▼
  • 本編の難しさとは離れて気楽に楽しめるのがいいところ。
  • Wind-a breath of heart-を未プレイならばこのRe:gratitude版を買うのがお勧めかな。

※当作品のレビューのサンプルCGは当サイトの管理人の自己責任によって転載しております(メーカー様確認済)。

Windows
18禁
ef-First Fan Disc
学園 純愛 Fan Disk




minori
バナー
2006/08/25 ★★☆☆☆


サンプルCG
(C)2005-2006 minori

サンプルCG
(C)2005-2006 minori

サンプルCG
(C)2005-2006 minori

ゲーム概要・シナリオ:
本編発売に先駆けてファンディスクが発売されたという異例の作品

「ef-a fairy tale of the two.」のファンディスク。 しかも「ef-a fairy tale of the two.」自体がさらに「ef-the first tale.」と「ef-the latter tale.」という2本に分割されて発売されるという計画になっている。

「ef-First Fan Disc」の内容は以下のとおり。
  • ショートストーリー(登場人物や欧風の町並み、登場人物の通う音羽学園のイメージ紹介)
  • AUDIO-CD部分に収録されている、登場人物の自己紹介(宮村みやこ、広野紘、新藤景、堤京介の4人)
キャラクター属性:
幼なじみ、女子高生、年下、年上。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • はるのあしおと等、最近のminori作品と同じ。 「Panicモード(ママが来た!)」に相当する機能もあった。
プレイ時間:
1時間程度。
攻略:
  • ショートストーリーは1時間程度で読めると思う。短い。これでイントロダクションになっているのか?
こんな人におすすめ:
純愛派、学園モノ派。


▼コメント▼
  • 登場人物は広野紘、宮村みやこ、新藤景、堤京介、新藤千尋、羽山ミズキ、雨宮優子、久瀬修一(久瀬修一は音楽(ヴァイオリン)がシナリオ中で流れるだけ)。
  • 物語は広野紘の視点で進む。一人称を特定しない、いわゆる群像劇の作品にはなっていない。
  • Memories(CGモード)が選択できないのは仕様?
  • う〜ん、これだけ短いと感想の書きようがないなぁ。本当に作品の舞台、登場人物の性格を少し知る程度。本編発売に先駆けてのファンディスクだからそれでも仕方がないのかな?
  • 内容に18禁要素がないんだけれど、これって18禁作品なのかな?……オフィシャルサイトに「全年齢対応」と書いてあった……。

※当作品のレビューのサンプルCGは当サイトの管理人の自己責任によって転載しております(メーカー様確認済)。

Windows
18禁
エルフオールスターズ脱衣雀
脱衣 Fan Disk 麻雀




elf
バナー
2000/03/30 ★★★☆☆


ゲーム概要・シナリオ:
elf作品のキャラクターが登場する脱衣麻雀。
  • ワーズ・ワース
  • 雀JAKA雀
  • 同級生2
  • 下級生
  • 臭作
  • 遺作
キャラクター属性:
雀JAKA雀、下級生、臭作、遺作、ワーズ・ワース、同級生2からの選抜キャラクター。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • 最初は男性キャラクターとしか対戦できなくて、勝つと女性キャラクターと対戦できる。
  • プレイヤーとの順位差によって服を脱がすシステム。
    • 順位差1(1位と2位等):1枚
    • 順位差2(1位と3位等):2枚
    • 順位差3(1位と4位):3枚
    もちろんプレイヤーのほうが上位のとき。
プレイ時間:
25時間程度。
攻略:
  • 女性キャラクターが時々強いけれど、嫌になるほどではない。わりと普通の麻雀ができる。
こんな人におすすめ:
脱衣麻雀派。


▼コメント▼
  • なかなかキャラクターの人数が多いのと、順位差によって脱がすシステムというのが良いと思う。

Windows
18禁
エルフオールスターズ脱衣雀2
脱衣 Fan Disk 麻雀




elf
バナー
2001/12/21 ★★★☆☆


ゲーム概要・シナリオ:
elf作品のキャラクターが登場する脱衣麻雀の2作目。
  • 鬼作
  • リフレインブルー
  • 野々村病院の人々
  • 愛姉妹
  • 同級生
  • 河原崎家の一族
上に書いた発売日はCD版。DVD版は2001/11/22発売。
キャラクター属性:
鬼作、リフレインブルー、野々村病院の人々、愛姉妹、同級生、河原崎家の一族からの選抜キャラクター。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • 最初は男性キャラクターとしか対戦できなくて、勝つと女性キャラクターと対戦できる。
  • プレイヤーとの順位差によって服を脱がすシステム。
    • 順位差1(1位と2位等):1枚
    • 順位差2(1位と3位等):2枚
    • 順位差3(1位と4位):3枚
    もちろんプレイヤーのほうが上位のとき(前作と同じ)。
プレイ時間:
25時間程度。
攻略:
  • 女性キャラクターが時々強いけれど、嫌になるほどではない。わりと普通の麻雀ができる(このあたりも前作と同じ)。
こんな人におすすめ:
脱衣麻雀派。


▼コメント▼
  • 基本的にはキャラクターが変わっただけで前作と同じなんだけれど、なんとなくアニメーションが綺麗になったかな、という気もする。

Windows
18禁
エルフオールスターズ脱衣雀3
脱衣 Fan Disk 麻雀




elf
バナー
2006/03/31 ★★★☆☆


サンプルCG
(C)2006 elf

ゲーム概要・シナリオ:
elf作品のキャラクターが登場する脱衣麻雀の3作目。
キャラクター属性:
下級生2をはじめとするelf作品キャラクター多数から選抜。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • 最初は男性キャラクターとしか対戦できなくて、勝つと女性キャラクターと対戦できる。
  • プレイヤーとの順位差によって服を脱がすシステム。
    • 順位差1(1位と2位等):1枚
    • 順位差2(1位と3位等):2枚
    • 順位差3(1位と4位):3枚
    もちろんプレイヤーのほうが上位のとき。
  • 「服を脱がす」の他にも「服を着せる」「エッチなことをする」等々の選択肢がある。
  • 女の子には好感度が設定されており、好感度によって選択肢の選択結果が変わる。
  • 台詞の吹き出しのON/OFF、コンピュータの強さ、東風戦/東南風戦など、いろいろな調節ができる。
プレイ時間:
60時間程度。
攻略:
  • 女性キャラクターが時々強いけれど、嫌になるほどではない。わりと普通の麻雀ができる(前作、前々作と同じ)。
こんな人におすすめ:
脱衣麻雀派。


▼コメント▼
  • 脱衣アニメーションは滑らかで美しい。
  • エッチシーンはちょっと短めかな。
  • 対戦中の顔ウィンドウに上半身の脱ぎ具合が反映されるのもいい(これは全シリーズ共通)。
  • 東風戦だけだと短くて良い。
  • 「服を脱がす」「服を着せる」「エッチなことをする」等々の選択肢が増えたり、「クイズ」があるのはいいのだが、逆にそれで少し攻略が面倒になったような気がする。 本来はこのあたりが「ただの脱衣麻雀じゃないぞ」という作品のウリなのかもしれないが。でも。
  • 対局中の台詞が多くてちょっと麻雀に集中しにくい。台詞の吹き出しをONにしていると対局中に台詞が入って進みが遅くなる。素早く麻雀を進めたい人には不向き。 素早くプレイしたい人は台詞をOFFにしましょう。
  • ポン、チー等々の機能をするコマンドパネルがタスクバーの後ろに隠れてしまわないように注意。タスクバーを2段にしていると隠れてしまってコマンドパネルが使えないのだ。最初はこれで困ったもんだ。

Windows
18禁
Angel Egg
学園 ライトシナリオ





You & I(閉鎖)
バナー
2004/06/25 ☆☆☆☆
Shining Stage(佐藤裕美) ☆☆☆☆
サンプルCG
(C)2004 You & I

サンプルCG
(C)2004 You & I

サンプルCG
(C)2004 You & I

ゲーム概要・シナリオ:
揉め事のせいで活動停止に追い込まれてしまった演劇部。残された部員は同級生2人と後輩1人の3人、それに主人公だけ。 学園祭で上演するはずだった劇のシナリオもなくなってしまい困った部員は部員の1人である主人公、新井淳行に脚本執筆を頼む。 劇の脚本なんて書いたことのない主人公。だが主人公はその身と名を隠した売れっ子の恋愛小説家の仮の姿でもあった。 上演を成功させ、そして兼ねてから思いを寄せる部員の女の子に振り向いてもらうためにも主人公は小説家と演劇脚本執筆の多忙な生活を送ることになる。
キャラクター属性:
幼なじみ、従姉、同級生、下級生、年下。
主題歌:
  • Shining Stage
    佐藤裕美の元気ソング。
システム:
  • カスタマイズは殆どできない。
  • 選択肢のフォントサイズが小さいので見難く選びにくい。
  • スキップ速度が遅いため、攻略やリプレイには結構時間が掛かる。
  • セーブ箇所は8ヶ所でロード時には多少だが時間が掛かる。
  • CGモードがない。これはある意味ですごい。
プレイ時間:
35時間程度。
攻略:
  • 困難。選択肢の言葉から意図が掴み難く、ほぼノーヒントのため攻略の方針がわからない。無駄な選択肢も多く、フラグ判定も複雑なので相当手間の掛かるゲームだと思う。
こんな人におすすめ:
学園モノ派。


▼コメント▼
  • ……参りました。すごく体力を使った。発売前から評判は危うかったけれど、まさにそれが真実になった感じ。
  • キャラクター同士の台詞の掛け合いはあるけれど情景描写は殆どないので、雰囲気や環境に感情移入しにくい。絵もかなり微妙な路線をギリギリで走っている。 声の演技も首を傾げるところがいくつも見受けられたような。ちょっとおすすめできないゲームかな……。
  • 良いところを述べるとすれば、着眼点。シナリオの題材。演劇部とそれから主人公が隠れ小説家いう設定はおもしろいと思う。で、
    • 演劇の登場人物を通じて主人公の意思を伝える
    • 小説の登場人物を通じて著者(主人公)の意思を伝える
    • ゲームの登場人物を通じて製作者の意思を伝える
    という3つが響き合っているのだったら実に素晴らしい作品なんだけれど、でもそこまで活かしきれていないのでアウト
  • 配役を入れ替えての舞台練習はキャラクター性が見えておもしろいけれど、もう少しきちんとキャラクター作りをしていないと味も薄い。キャラクターの性格をよく作っておいてほしかった。
  • 世界の童話がいくつか紹介されるのが興味あった。童話の紹介そのものがゲームの本筋ってわけじゃないはずなのに、これが一番詳細で丁寧に書かれていたような気がするんだけれど?

Windows
18禁
ANGEL TYPE
学園 純愛 シリアス TWO FIVE




minori feat. Aeris
バナー
2005/03/25 ★★☆☆☆
Monologue(彩菜)/Catharsis(彩菜)/Loves(彩菜) ★★☆☆☆
サンプルCG
(C)2005 minori feat. Aeris

サンプルCG
(C)2005 minori feat. Aeris

サンプルCG
(C)2005 minori feat. Aeris

ゲーム概要・シナリオ:
藤代尚は心に病を抱える、定時制の学校へ通う学生だった。そんな彼と3人の少女が出逢う。佐倉詩希、川原砂緒、柚月未憂。彼女たちもまた彼と同じく悩みを抱えた存在だった。
キャラクター属性:
少女。
主題歌:
  • Monologue
    彩菜の歌うオープニング主題歌。
  • Catharsis
    彩菜の歌う挿入歌。
  • Loves
    彩菜の歌うエンディング主題歌。
システム:
プレイ時間:
15時間程度。意外と短い。
攻略:
  • ルート分岐とCGの配置が少し複雑かも。
  • 突然未憂ルートに入ることがあるが、それはバッドエンドルートなので……。
こんな人におすすめ:
学園モノ派、短時間プレイ派。


▼コメント▼
  • minoriがAerisから受け継いだ作品だが、 やはり「minoriテイスト」とはどこか異なる――画風、主題歌、温かさ(?)――そんな感じが漂う。 純粋なminori作品にはどこかに温かいイメージがあった気がするが、この作品はちょっと違うと思う。 だけれどminoriテイストに近づけようとして、近づけて、何か(Aerisテイスト?)とミックスされているような感じ。
  • この主人公はなんだか少し自分に似ているような気がした。性格というか、振る舞いというか。
  • 心療内科的なことで確かなことは言えないが、この主人公の病気は本当にこのシナリオのようにして治るものなのだろうか? なんだかそこが疑問である。 むしろ、バッドエンドのほうが正しい気がするような? 病気や悩みという設定を活かしきれていない気もする。プレイしていてそのあたりに微妙な違和感を感じた。

※当作品のレビューのサンプルCGは当サイトの管理人の自己責任によって転載しております(メーカー様確認済)。

Windows
18禁
おいしい魔法のとなえかた。
アブノーマル 半脱ぎ 魔法 ライトシナリオ
MOSAIC.WAV


C:drive.
バナー
2007/02/23 ★★★★
おいしい魔法のサシスセソ(み〜こ)/とろける呪文はちゅっちゅくchu♪(成瀬未亜)/イバラの恋の物語(新堂真弓)/恋するメディスン三錠半(とろ美) ★★★☆☆
サンプルCG
(C)2006-2007 おまほ製作委員会

サンプルCG
(C)2006-2007 おまほ製作委員会

サンプルCG
(C)2006-2007 おまほ製作委員会

サンプルCG
(C)2006-2007 おまほ製作委員会

ゲーム概要・シナリオ:
通称「おまほ」。
初回限定版には「シス×みこ」の作品そのものが添付された。

地球と「もうひとつの地球」とも称される「ガイア」。これらは魔法の発達した世界である。 この2世界間では過去に魔導大戦と呼ばれる大きな諍いがあり、そのときに活躍した七人の偉大なる魔術師を「七英雄」と呼んでいる。 そして浮舟カヲルも自分の師匠とともにその魔導大戦を戦い抜いてきた伝説の勇者の1人。その彼には今、魔法学園「マギステルニア学院」で七英雄の末裔(娘たち)に魔法を教えるという宿命が巡ってきていた。 娘たちはさすが七英雄の血を引くだけのことはあり魔法の素質は抜群なのだが、浮舟カヲルには心に宿したひとつの思いがあった。 それは彼女たちを魔術師や勇者などという生命の危機に瀕する存在に育てたくはないということ。これ以上犠牲者を出してはいけないのだ。 そう考える彼であったが、彼女たちと触れ合うにつれて何故か授業がエッチな方向へ進んだり、行く末は彼の信念ともいえるその考えが揺らいでゆくのだが……。
キャラクター属性:
魔法使い。
主題歌:
  • おいしい魔法のサシスセソ
    み〜この電波(デジ)ソング。 「サシスセソ」というからには料理の話……と思うと、微妙にそうであったりなかったり。
  • とろける呪文はちゅっちゅくchu♪
    成瀬未亜の歌うアリアのエンディング主題歌。
  • イバラの恋の物語
    新堂真弓の歌うリオのエンディング主題歌。
  • 恋するメディスン三錠半
    とろ美の歌うミイナのエンディング主題歌。
システム:
  • あぁあぁあぁあぁぁぁぁぁ…気持ちよすぎてぇ思わずふきでちゃうのよぉ〜エフェクト」というものを搭載している。 要はエッチシーンの擬音を漫画の吹き出しのように表示したり、 それに合わせて台詞とは別に声が入ったりするシステム。オフィシャルサイトの説明を見たほうがわかりやすいと思う。
  • 「ムービー出し」という選択肢があり、これを選択するとおしっこをするシーン等が動画になる。
  • 一度選択した選択肢には「済」マークが表示されてとてもわかりやすい。
  • 特に凝ったカスタマイズ等はできないが、プレイするには十分。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • 7通りのエンディングがあるが、もしかしたら分岐が少しわかりにくいかもしれない。3人の「意思を一つにする」かどうかがポイントである。
こんな人におすすめ:
アブノーマル派、放尿派、やるゲー派、ファンタジー派、ライトシナリオ派。


▼コメント▼
  • 女の子がとにかくおしっこを漏らすという点ではこの作品も「シス×みこ」にそっくりだ。
  • 基本的にはエッチシーンの多い「やるゲー」なのでシナリオの深さは後回しだが、時々いい言葉が隠されていたりするのでそれに気がつけると意外なところで感動できるかも。
  • 画風には少し癖があるので好みが分かれるかもしれない。
  • アリアの筆責め、氷責めはなかなかおもしろいシーンだった。あと他に気に入ったシチュエーションというとリオの足コキかな。 でも他にもまだまだ凝ったシチュエーションのエッチシーンがたくさん見られる。3人揃ってのいわゆる「マンぐり返し」なんかもかなりこだわったほうなんじゃないかな。
  • アリアは純朴すぎて今までの自分が素直なのか素直でないのかさえもわからずにいた。人の色(心? オーラ?)が見えるアリアは微妙に人に遠慮してしまう少し歪んだ孤独を抱えた少女だった。 個人的にはアリアがお気に入りなんだが、どうして人気がないんだろう。ビジュアルもシナリオも程々にいいと思うのに。 あと、アリアの一人称が「ボク」なのが惜しい。「私」か「あたし」でいいと思うし、現実的にも女の子の一人称ってそうだと思う。どうして彼女の一人称は「ボク」じゃなくちゃいけなかったのかな?
  • > 「……なあ、アリア。お前……『魔法使いに大切なこと』って……何だと思う?」
    う〜ん、どこかで聞いたようなキーワードだなぁ(苦笑)。
  • シナリオの大前提(世界観や出来事などの基盤部分)の説明がちょっと足りない気がする。最初はなんだか掴み所がない感じでプレイしていた。
  • シナリオの序盤でリオの適性が黒魔術ではなく精霊魔術だと判定されたのだが、それがその後のシナリオで活かされていなかったような気がする。
  • ライバル3人組等にも実はそれなりのエピソードがあるらしいので、今後何らかの形でぜひ見てみたい(読んでみたい)。
  • 魔法関連の作品によく登場する言葉「ディスペル」或いは「デスペル」。この語源ってなんなんだろう。 「de + spell」? 「dispel」? ずっと気になっているんだけれども一向に解決しない。誰か、教えて〜。
  • 魔女服が黒なので黒い下着のように見えるところが気に入った。
  • 「三錠半」ってすごい言葉だと思う。あまり言わないし耳にしない言葉だから、最初に目にしたときにはすごくインパクトがあった。何故、「半」なんだ?
  • 主題歌の特徴的な歌詞「アタケアノトヌオハミイシオ!」っていったいなんだろう……?
    → 意味がわかった。まず、ローマ字表記にする。
    → 「atakeanotonuohamiisio」(感嘆符は省略)
    → そして逆から読む。読むというか、発音自体を右から左へ進めるので逆再生というほうがわかりやすいかも。
    → 「oisiimahounotonaekata」
    → もう一度、仮名・漢字表記に直す。
    → 「おいしいまほうのとなえかた」=「おいしい魔法のとなえかた。
    ……というわけでした♪

※引用記号(>)の付いた文章は作品内からの引用です。 それらの文章の著作権は全ておまほ製作委員会にあります。(C)2006-2007 おまほ製作委員会

Windows
18禁
オーガストファンBOX
コメディ のほほん 半脱ぎ Fan Disk
ミニゲーム


オーガスト
バナー
2004/08/27 ★★★☆☆
jewelry days(榊原ゆい) ★★★★
サンプルCG
(C)2004 August

サンプルCG
(C)2004 August

サンプルCG
(C)2004 August

ゲーム概要・シナリオ:
ファンディスクなのでメインのシナリオは特になし。ミニゲームや音楽、クイズ、設定資料集などの詰め合わせになっている。
  • シナリオコンテンツ
  • PrincessPONday(オーガストキャラクターのポンジャン)
  • オーガストクイズバトル
  • オーガスティック・クロニクル(キャラクターデータベース)
  • BGMアレンジCD
  • 特製ブックレット
キャラクター属性:
バイナリィ・ポットPrincess Holiday〜転がるりんご亭千夜一夜〜月は東に日は西に〜Operation Sanctuary〜の全キャラクター。
主題歌:
  • jewelry days
    榊原ゆいの歌うオープニング主題歌。同時に彼女の歌手としてのデビュー曲
システム:
  • シナリオは短いがセーブ箇所は他の作品と同じように多めにある。
  • 操作性とかは普通というか、オーガスト標準というか。
  • ぷりぽん(PrincessPONday)だけ別セットアップなのはどうして?
プレイ時間:
10時間程度。
攻略:
  • 特に問題ないと思う。
こんな人におすすめ:
コメディ派、バラエティゲーム派、制服派、短時間プレイ派、ロープライス派。


▼コメント▼
  • いろいろ詰まっている割にはお安いのがいいかな。
  • ぷりぽんはだんだん相手が強くなる。茉理まではリーチをかけられても大丈夫。保奈美はちょっと強い。優希はかなり強い。でも優希くらいのほうがおもしろいかも。
  • バイナリィ・ポットのネタが少なくて……これを期待して買ったので正直なところがっかりした。そこを期待している人は、しすぎないように。 というか、ぷりぽんでバイナリィ・ポットのキャラクターが優希しか出ないのは間違っているだろっ! いくらなんでも1人なんて……。 そうじゃないと「全員ウェイトレス」が意味ないから? ま、まさか……そんな理由じゃないよね。

Windows
18禁
幼なじみはベッドヤクザ!
アブノーマル 幼なじみ 学園 コメディ
女性上位


脳内彼女
バナー
2007/11/22 ★★★★
1×8 ラブ・バレット(井上みゆ) ★★★★
サンプルCG
(C)2007 脳内彼女

サンプルCG
(C)2007 脳内彼女

サンプルCG
(C)2007 脳内彼女

サンプルCG
(C)2007 脳内彼女

ゲーム概要・シナリオ:
通称「おさなベ」。
小さい頃、よく一緒に遊んでいた友達。彼等・彼女等とはいわゆる「幼なじみ」として仲良くやっている……つもりだ。福原智樹はそう思っていた。でも周囲のみんなはそうでもないらしい。 それぞれに成長して友情にも恋愛にも想いを馳せるお年頃。そんな中に1人、大切な記憶の中の幼なじみがいた。七宮琴乃。 彼女は幼少の頃に「戻ってきたら結婚する」という幼心に残る大切な約束をして離れ離れになった女の子だった。 久しぶりに琴乃が戻ってきたのは良かったが、彼女には当時のおとなしいお嬢様の面影はなく人が違ったかのような元気な娘に変貌を遂げていた。 そして他の幼なじみの女の子たちや女装少年の小野塚あさひまでが加わって微妙な多角関係ができあがってゆく。 そして彼女たちにはみんな揃ってエッチなことで男の子を責めるというとんでもない趣向があった……!
キャラクター属性:
幼なじみ、同級生、下級生、年上、男の子(!)。
主題歌:
  • 1×8 ラブ・バレット
    井上みゆの歌う主題歌。「いっぱち ラブ・バレット」と読む。この歌自体もそうだが、BGM等のアレンジを聴いてもわりと万能な良い曲のように思える。個人的には好きだ。
システム:
  • 通常の選択肢。基本的には二択だが稀に三択も現れる。選ぶべき正解選択肢はわかりやすい。
  • カスタマイズは可もなく不可もなく。特別便利でもないし、不便でもない。特に問題はないと思う。
  • 選択肢の選び方によって同じ場面の同じ台詞が未読状態になっていたりする。既読判定がうまく動作していないのか、全く同じ文章を複数書いているのか……このあたりは前作と同じ。
  • 「EXTRA鑑賞」画面から戻るときに「戻る」をクリックすると異常終了する場合がある。右クリックのほうが安全。
プレイ時間:
25時間程度。
攻略:
  • オープニングムービーの前から既に攻略が始まっているあたりも含め、 その他様々な面において前作の「絶対★妹至上主義!!」に酷似している。
  • エンディングの分岐は各キャラクターのシナリオの最終選択肢だけに依存していると思われる。
  • シナリオの途中に挿入されるアイキャッチで攻略対象キャラクターがわかる。
こんな人におすすめ:
コメディ派、学園モノ派、アブノーマル派、やるゲー派。


▼コメント▼
  • 絶対★妹至上主義!!」に続いて、 これもお仕置きや罰と称して女の子から責められるシチュエーションが中心のM属性の作品。 その手の趣向の人には楽しいかもしれないが、それ以外の人にとってはおもしろくない作品になるかも。男の子も女の子も乳首責めにされると快感だという描写がよくできていた。 あとは強気の女の子にはワキ毛があったほうがますます強気に見えて良かったかも。
  • エッチシーンの割合は高く、いわゆる「やるゲー」に近い。これも前作に同じ。
  • 前作と比べるとシナリオにはやや深みが出てきて、各キャラクターごとにテーマがあることが多いようになった。 でもあさひシナリオのテーマだけはよくわからなかった……単におまけ? 女装性癖? あとは琴乃が元気娘に変貌してしまった理由も明確にされていないような気がする。時の流れは人を変える……だけ?
  • 湊川治子(なおこ)の兄で担任教師でもある湊川玲二がなかなかいいことを言っている。ノリもおもしろい。 彼の台詞をきちんと理解しておくのはシナリオを理解することに繋がると思うし、一応自分自身の勉強にもなる……かな。特に気に入った台詞は下記の通り。
    > 「警察沙汰にならん程度に羽目を外せよ」
    > 「女一人くらい、自分の力で落としてみろよ」
    他にもいい台詞はある。
  • 序盤のシナリオが長い。オープニングムービーに辿り着くまでに4時間も掛かった。……読むのが遅いだけ?
  • 主題歌にせよ、そのアレンジのBGMにせよ、それ以外のBGMにせよ、どれもなかなかに品質がいい。短調にアレンジされていたりするとかなり良いイメージというか深みを感じさせてくれるものもある。
  • 学食の座席に部ごとの縄張りがある学園っていったい……できれば行きたくない(笑)。
  • つぐみはこわい……ああいったタイプの幼なじみはご遠慮願いたいところだ、と本気で思った。
  • 「バレット」は銃弾のことだと思われるが、一般的には「ビュレット」ではないだろうか。発音記号では[bulit]。
  • セーブデータは「My Documents」の中に生成される。しかもエクスクラメーションマークのない「幼なじみはベッドヤクザ」なので要注意。

※引用記号(>)の付いた文章は作品内からの引用です。 それらの文章の著作権は全て脳内彼女にあります。(C)2007 脳内彼女

Windows
18禁
おしえて!ブルマ先生
学園 半脱ぎ ブルマ ライトシナリオ




BLACK PACKAGE
バナー
2006/07/28 ★★★★
恋するアスリート(大野まりな)/ひまわり(みとせのりこ) ★★☆☆☆
サンプルCG
(C)2006 BLACK PACKAGE

サンプルCG
(C)2006 BLACK PACKAGE

サンプルCG
(C)2006 BLACK PACKAGE

サンプルCG
(C)2006 BLACK PACKAGE

ゲーム概要・シナリオ:
佐藤大介は体育教師の教員免許をもった教員候補だが、まだどこの学校にも採用は決定していない。そこへ舞い込んだのが女子校の臨時体育教師。体操着とブルマが大好きな彼としてはこれを見逃すわけにはいかない。 さっそく勤務先へ向かって担当する子たちと接触したまではいいが、どの子も一癖、二癖もある子ばかり。でもここで彼女たちの体育の成績を上げることができるかどうかで彼の正式教員としての採用が決定する。 今はまだ試用期間中だが、4人の女の子のブルマを眺めてこのちょっとした難題に立ち向かおうと決めた彼だった。
キャラクター属性:
女子校生(女子高生ではなく)、体操着、ブルマ。
主題歌:
  • 恋するアスリート
    大野まりなの歌うオープニング主題歌。
  • ひまわり
    みとせのりこの歌うオープニング主題歌。
システム:
  • セーブ箇所は36箇所。あまり選択肢ごとにセーブし過ぎると足りなくなる可能性があるので注意。
  • 同社の他の作品と同じようにカスタマイズは細かくできる。特に「選択肢を8回戻れる」などは個性的。
  • BGMと音声が小さいのでちょっと聞き取りにくい。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • まりもと結菜、サエリと和香をペアにして考えて攻略しよう。他のキャラクターにはあまりいい顔をしないほうが各エンディングを迎えやすいかな。
  • まりもと結菜を優先してサエリと和香の優先度をやや落とすと特殊なエンディングを迎えられる。
  • 体操着とブルマ以外の子は単独で攻略しよう。
こんな人におすすめ:
学園モノ派、体操着・ブルマ派、やるゲー派、ライトシナリオ派。


▼コメント▼
  • とにかく体操着とブルマの連続。体操着・ブルマ派の人は一度みておくのも悪くはない。ブルマ率は90%以上だと思う。
  • 基本的にはいわゆる「やるゲー」で、シナリオは重視されていないと思う。
  • 1回のプレイが結構長いかもしれない。1度プレイしただけでかなりの量のCGとエッチシーンが見られる。 その分、各キャラクターの個別ルートが短いということになるのだが、シナリオよりも体操着とブルマが最優先事項なのでそこは気にしないようにしたほうがいい。
  • 既読の誤判定なのか、たまに未読文章が既読扱いされることがある。
  • > ブルマ喫茶はないのだろうか?
    それ、非常によくわかる。ほしいねぇ。コスプレ喫茶の企画くらいでしか見たことがないが、本当はあるのかな。あったら絶対に行くので、情報を持っている人は教えてほしいっ(笑)。 全員が体操着とブルマの子なんていう喫茶店……素晴らしすぎるっ!
  • > そのうち、第一宇宙速度を突破するかも知れませんね
    > すげぇな。走って大気圏離脱かよ
    第一宇宙速度は大気圏離脱速度ではなくて地表面に落下せずに地球を1周する最低速度じゃなかったっけ? 地球における人工衛星の最低速度というか。

※引用記号(>)の付いた文章は作品内からの引用です。 それらの文章の著作権は全てBLACK PACKAGEにあります。(C)2006 BLACK PACKAGE

Windows
18禁
お嬢様をいいなりにするゲーム
アブノーマル お嬢様 学園 スパンキング
半脱ぎ 凌辱

アリスソフト
バナー
2007/10/05 ★★★★★


サンプルCG
(C)2007 アリスソフト

サンプルCG
(C)2007 アリスソフト

サンプルCG
(C)2007 アリスソフト

ゲーム概要・シナリオ:
通称「おいなり」。
村田和也が両親を亡くしたときに、街の有力者が和也と妹の千果の生活を保障しようという申し出があった。ただし、その有力者のお嬢様である諏訪エミリの在校中の世話をすることが条件。 和也はこれをまたとない機会と受け取り喜んで引き受けたが、「お嬢様の世話」の実態は想像を遥かに超えたものだった。 授業中も休み時間もお構いなしに、エミリは和也を呼び出しては雑用を言いつけてくる。下級生の来島梢も同じような境遇にあるが、エミリにとっては和也のほうが都合がいいらしい。 街の有力者が自分のために設立した学園だと豪語するエミリに対しては教師でさえも彼女には意見できず、彼女の振る舞いを認めざるを得なかった。 そんな状況下にいた和也があるときエミリの弱みを握る。そして妹の千果が提案した不思議な「ゲーム」。それを欲望の糧として、和也はエミリに命令を下す。 お嬢様とその使いの立場が逆転するときが来たのだった……。
キャラクター属性:
お嬢様、同級生、下級生、女教師。
主題歌:
  • なし。
システム:
  • 「支配」「肉欲」「嗜虐」の3種類のパラメータを利用した、「お願い」という名の命令選択肢。どれかのパラメータを消費して命令を下し、その結果としていずれかのパラメータが回復する。 基本的にはエミリ:「支配」回復、理恵子:「肉欲」回復、梢:「嗜虐」回復である。
  • これらとは別にミニゲームのようなもので「欲望」を得る必要がある。ルールは至ってシンプルなので気に病む必要はない。効率的に「欲望」を獲得する方法を見つけよう。
プレイ時間:
20時間程度。
攻略:
  • 何度かプレイを重ねていくと特定のイベントや選択肢の前提条件になる選択肢の組合せがわかってくるので、試行錯誤を繰り返して傾向を探ったほうが良い。
  • エミリを攻略するならばエミリ優先、梢を攻略するならば梢優先で選択肢を選ぼう。理恵子の選択肢はどちらの攻略にも必要。
  • エミリと梢の最高レベルのところにある前提条件付き選択肢の条件を満たすのはなかなか難しい。
    • エミリ最高レベル選択肢前提条件:エミリの休日イベント全選択+理恵子と梢の最終選択肢選択+全員の服従値最高
    • 梢最高レベル選択肢前提条件:8週目までに梢の休日イベント全選択(22日目あたりから梢の攻略開始が理想)
こんな人におすすめ:
学園モノ派、お嬢様派、凌辱派、やるゲー派、アブノーマル派、短時間プレイ派、ロープライス派(\2,940-)。


▼コメント▼
  • 気軽に、手軽に楽しめて良い。とはいえ、完全クリアを目指すのであればそれなりに攻略手順を考えなくてはいけない。 適度にいわゆる「脳トレ」をできる作品かもしれない。
  • これまでの立場を逆転されて「お嬢様」がいいなりにされるという倒錯的なシチュエーションが気に入った。これが普通のキャラクターだったらあまり楽しくなかったかもしれない。 特に気に入ったのはエミリがケツ叩きを受けるシーン。他はわりと単なるエッチシーンが多かったような気がするので、 例えば乳首責めとか学園内を下着姿で歩かせる恥辱プレイとか、シチュエーションの工夫の余地はまだありそうだ。
  • 「欲望」を獲得する千果のゲームでは場札をよく見てビットしよう。よく考えれば効率良く「欲望」を獲得できるのでチップの「S値」を上げる必要はないはず。
  • 結局、この千果の考え出したゲームはいったいなんだったんだろう? 本当にこれのおかげで和也は勇気を出してエミリに対して対等以上に接することができるようになったのだろうか。 これが最も気になる謎だ。

Windows
18禁
お願いお星さま
幼なじみ 学園 コメディ 脱衣
半脱ぎ ブルマ 魔法 Elements Garden
PULLTOP
バナー
2004/05/28 ★★★★★
星☆に願いを(NANA)/SHOOTING STAR(NANA) ★★★☆☆
サンプルCG
(C)2004 Will

サンプルCG
(C)2004 Will

サンプルCG
(C)2004 Will

ゲーム概要・シナリオ:
通称「おねほし」。
魔法使いのファムが作っただいたいどんな願いも叶えてしまう願い星の「星図盤」にシルヴィがエッチな願いをたくさん込めて……暴走してしまった。 そしてその願いをさせられるハメになった天野陽介、倉橋真朋、橘ひびきの幼なじみ3人組は星図盤と願い星を元に戻すためにも嫌々協力するが、 いつのまにか友達や生徒会のメンバーまで巻き込んで自分たちの身体でエッチな願い事を叶えていくというドタバタ大騒ぎに。 そしてそんな願いを叶えているうちに、それまでは当たり前だと思っていた3人の関係に少しずつ疑問を持ち始める……。
キャラクター属性:
幼なじみ、同級生、上級生、魔法少女。
主題歌:
  • 星☆に願いを
    NANAの元気ソング。コメディに似合った明るく楽しくさっぱりした歌。
  • SHOOTING STAR
    NANAの歌うエンディング主題歌。
システム:
  • ゲームの根幹を成す「星図盤システム」という独特の選択肢システムを備えていて、星図盤でいつどの願い星を解放するかによってシナリオが分岐する。
  • カスタマイズはごく普通にできる。
プレイ時間:
25時間程度。
攻略:
  • 攻略難易度は低い。でもシナリオ進行に直接関わらないイベントは逃しやすいので、シナリオ確定前(前半)は願い星の解放をあれこれ試してみるのが良い。
こんな人におすすめ:
コメディ派、制服派、コスプレ派、色ものゲームネタ派。


▼コメント▼
  • 秀作。「魔法」と「願いを叶える星」という強制力を持ち出すことでどんなシチュエーションも理屈抜きで実現できるから、かなり様々なネタを纏めて楽しめる。 これはウマイと思った。ツイスターゲームや野球拳といった色ものゲーム、キス、制服、ブルマ、コスプレ、普通のエッチ、フェチプレイ、アブノーマルまで一通りカバーしている。
  • 画面効果はなかなか凝っていてキャラクターの立ち位置や動き、SDを駆使してドタバタ感をよく表現できているので楽しい。言葉の掛け合いも絶妙で笑える。
  • BGMの質が良い。
  • シナリオの終盤はドタバタだけでは終わらない。幼なじみ3人組という存在の難しさや今回の騒ぎを起こしてしまったシルヴィたちの複雑な気持ちなんかも描かれているし、 七夕祭のときに自分たちの星へと帰っていく姿などはCGも幻想的で感動的だ。ひとつ言うならば、別れのシーンで終わりにしてしまって陽介たちの元に帰ってくるシーンはなくても良かったかも。
  • 素晴らしい。これならば初回限定版で\9,240-を払っても全く惜しくないと思う。

Windows
18禁
おまたせ!雀バラや♪
脱衣 麻雀 ライトシナリオ MOSAIC.WAV




おれんじぺこ(閉鎖)
バナー
2005/06/03 ☆☆☆☆
ようこそ!ヒミツの雀バラや!?(み〜こ)/どっきん☆満漢全席(み〜こ) ★★★☆☆
サンプルCG
(C)2005 おれんじぺこ

サンプルCG
(C)2005 おれんじぺこ

ゲーム概要・シナリオ:
脱衣麻雀。
このジャンルにはあまりシナリオというものがないことが多いので、敢えて詳しくは書かないことにする。今後のレビューでも特に凝った設定のある脱衣麻雀以外は同様に。
キャラクター属性:
女子高生(?)、OL。
主題歌:
  • ようこそ!ヒミツの雀バラや!?
    み〜この歌う主題歌。
  • どっきん☆満漢全席
    み〜この萌えソング。エンディング主題歌。なんだか無意味にノリが良くて、大好き。巷の評判はどうなんだろう?  制作は次世代萌えソングの担い手(?)として期待のMOSAIC.WAV
システム:
  • アイテムありの脱衣麻雀。
プレイ時間:
5時間程度。
攻略:
  • おそらくアイテムを使わなくてもクリアできるのではないだろうか……(推測)。何故推測かというと、麻雀ロジックにバグがあって正しくプレイできないから検証不可能なのだ(2005/06/15時点)。
こんな人におすすめ:
脱衣麻雀派、短時間プレイ派。


▼コメント▼
  • バグのため麻雀がプレイできない(2005/06/15時点)。これには参った。勝っても脱いでくれないとかその程度だったらまだいいのだが(よくない?)、麻雀がプレイできなくちゃ話にならないよぉ〜。
  • 絵にはちょっと癖があるかもしれないが、個人的にはお気に入り。そこをねらって買ったんだけれどな。サンプルを載せた春奈が一番好きだと思う。でもあずみの黒い下着も捨てがたい。




このページの先頭 << 戻る